経済・政治・国際

癒し

今年に入ってから、不況のあおりを受けて、周りでもいいお話は聞きません。

まごころ家も少なからず、不況の影響を受けております。

こんなとき、私の最大の癒しは、子供達の笑顔です。

この笑顔を見ていると、この子達のためならどんなことだって頑張れると思えます。

これから、どんな状況になろうとも、主人と支えあって、子供の笑顔を守っていきたいと思います。

政治家の皆様、明るい日本になるように、努力してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年金破綻

年金は2020年代に破綻、国庫負担率引き上げなければ

2月19日5時7分配信 読売新聞

 厚生労働省は、基礎年金の国庫負担割合の2分の1への引き上げが実現しなければ、2020年代に年金積立金が枯渇して基礎年金が給付できなくなるとする試算をまとめた。

 試算には現在の世界的な金融危機の影響を織り込んだため、年金財政の破綻(はたん)が20年程度、早まった。こうした内容を盛り込んだ公的年金の財政検証を月内にも公表するとともに、今国会に提出している国庫負担割合を引き上げる国民年金法改正案の早期成立を目指す方針だ。

 試算ではまた、3分の1から2分の1への引き上げが実現すれば、夫が平均収入の会社員、妻が専業主婦というモデル世帯の給付水準(所得代替率)が将来にわたり、現役世代の平均収入の50%台を維持できるとした。04年の年金改革の際、政府・与党は「50%」以上の水準確保を約束している。ただ、2055年の合計特殊出生率は1・26、年金積立金の運用利回りは名目で4・1%を試算の前提としており、楽観的という指摘もある。

最終更新:2月19日5時7分

読売新聞
ヤフーニュースより。
年金の話、もう嫌になります。
年金って、若い人が年金受給者を支えるみたいになっていますが、もともと、私達は、年金をもらうために、毎月払っているのです。私達が毎日頑張って働いた大切なお金の年金。
その年金を悪用したために、勝手に減っていった年金。
これじゃ、年金納めずに、貯金していた方がよかったということになりませんか。
もう、年金辞めて、消費税や他の税金で支えるようにしてほしいです。
年金払った分、返してほしいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暗いニュースばかり

最近、テレビでは暗いニュースばかりで嫌になってきますね。weep

あまりテレビで言い過ぎると、みんな財布の紐が硬くなり、

余計にお金が回らなくなり、悪循環だと思います。

派遣の方だけでなく、正社員までが削減されているこの世の中。

もうそろそろ、議員さん、公務員さん、官僚さん、自分達も痛みを伴う改革が

必要ではないでしょうか?

国民の大切な税金をどうか、大切にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)